All Posts from 12月, 2014

心筋梗塞

12月 27th, 2014 | By syaben in 美容 | コメントは受け付けていません。

心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血管の中が狭まって、血流が途切れ、必要な酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋細胞自体が壊滅状態になる大変怖い病気です。
男性だけにある内臓の前立腺はその生育や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても密に関係していますが、前立腺にできてしまったがんも同様、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの影響で肥大化します。
明るくない所では光量不足により物が見づらくなりますが、より瞳孔が開くため、目のピントを合わせるのに多くの力が使用され、日の差す場所でモノを眺めるより疲れるのが早くなるといえます。
国民病ともいわれる花粉症とは、森のスギやヒノキ、マツなどの大量の花粉が誘因となって、くしゃみ・頭重感・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を招く病気なのです。
ライブの開催されるホールや踊るためのフロアなどに設置されている大型スピーカーの正面で大音量を聞き続けて耳が遠くなってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と称しています。
めまいは起こらないのに、強い耳鳴りと低音域の難聴だけを幾度も発症するタイプの事を区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という名前で呼ぶケースも多いようです。
体脂肪量(somatic fat volume)にさして変化がなく、体重が食物摂取や排尿等により短時間で増減する場合は、体重が増加すると体脂肪率は下がり、体重が減った人の体脂肪率が高くなることがわかっています。
鍼灸のはりを気になる所に刺してもらう、という直接的な多数の刺激が、神経細胞を活性させて、神経インパルスという呼称のいわば電気信号の伝達を起こすのではないかと考えられているのです。
強い痛みを伴うヘルニアは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間に存在してクッションのような役目を持っている椎間板という名前の柔らかくて円い形をした組織がはみ出てしまった様子のことを指しています。
子供の耳管の仕組みは、大人のそれと比較すると幅が広くて短めの形であり、なおかつ水平に近いため、黴菌が潜り込みやすくなっています。小さな子どもがよく急性中耳炎を発症するのは、この事が関係しています。
耳の奥の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3つに分類できますが、中耳の辺りにばい菌やウィルスなどがうつり、炎症ができたり、体液が滞留する症状を中耳炎と称しているのです。
薬やアルコール、合成乳化剤を始めとした食品への添加物等を分解し、無毒化する働きの事を解毒(げどく)と呼び、肝臓の果たしている非常に大切な役目のひとつなのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、体の中の脂肪が占めている割合を指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、キロ)×100」という計算で算出することができます。
クモ膜下出血はその80%以上が「脳動脈瘤」という脳内の血管の不要なコブが破れる事でなる深刻な病気として知られています。
グラスファイバー製のギプスは、大変強靭で軽いのに耐久性に優れ、濡れてしまっても壊れずに使用できるという利点があるため、現在用いられているギプスの定番でしょう。